税金に関する相談

税金について税理士に相談するのは経営者だけではありません。個人に対して課せられる税金も多いことから、税理士の力が必要になる機会は多いものです。

ここでは、相続を例に考えてみましょう。近年は相続税の対象者が拡大したこともあり、税金の高さに悩まされている人が増えました。たとえば、生前贈与でお金を渡したり収益物件を建てたりして節税した人と、まったく節税をしなかった人では、亡くなったあとの相続人にかかる相続税はまったく異なります。

当然ながら、前者のほうが遺された人に多くのお金を渡せるのですが、ただ渡しただけだと相続税の脱税が疑われてしまうため注意が必要です。税理士と相談しながら節税を進めることで、税法上の指摘を受けることなく、堅実に相続税対策を進めることができます。法律を知らずに節税しようとすると、追徴課税が発生してしまう恐れがあるので、税理士に相談するのがよいでしょう。

このほかにも、住宅購入時や副業で収入を得たときの確定申告など、さまざまな分野で税理士が活躍します。身近に感じる職業ではないかもしれませんが、意外と税理士事務所の利用者は多いです。個人が税金に関して悩んだときは気軽に相談してください。

税務調査の対応

突然訪れる税務調査は経営者の心臓によくないものです。悪意のある脱税をしていなかったとしても、何らかの形で税金を取られてしまうのではないかと不安になるのは、経営者なら自然なことでしょう。ほとんどのケースで、大なり小なり追徴課税が発生しています。

税務調査のとき、追徴課税を最小限に抑える方法は税理士が立会人になることです。法律上、税理士以外も税務調査を防ぐことはできます。税務署側はできるだけ税金を回収しようと考えていますが、ときとして不当な税務調査になってしまう可能性も否めません。

もし、税務調査が終わったら修正申告について求められることがあります。指摘事項一覧書を渡されたとき、経営者が不服だと感じるなら泣き寝入りせず、再調査や不服審査請求を依頼しましょう。税務署が確実に正しい税務調査をしているとは限りません。そこで、修正申告や税務調査に対して物申すことができる税理士を立てることをおすすめします。

顧問税理士の場合はすぐに対応してくれると思いますが、そうでなくとも依頼に応じてくれる税理士事務所も多いです。もし、税務調査のときの立会人が必要だと感じた場合、税理士事務所に相談してみるのがよいでしょう。

会社設立のサポート

会社設立のサポートは税理士業務のひとつです。その理由は、設立直後に金融機関から融資を受ける方法や賢い節税のコツを知っているからです。

設立直後の会社の場合、簡単には金融機関への融資審査に通過しません。もし、融資が認められたとしても少額で、会社設立時の目標額に届かないことが多いです。しかし、会社設立に強い税理士は金融機関を納得させる方法を知っています。たとえば、提出する事業計画書なども練り込んで考えてくれるからです。経営者が自分で考えるより、融資審査をクリアできる可能性は高いでしょう。

また、節税に関するさまざまな知恵も持っています。設立2年間は消費税が免税になる方法、年度末に一括して生命保険や中小企業倒産防止共済へ加入して節税する方法など、節税に関するアイディアは豊富です。会社設立時に相談していると、初年度に利益が出そうなときもさまざまな方法で節税に協力してくれます。

会社設立のサポートを税理士に頼むのは、抵抗がある人もいるかもしれません。自力で頑張りたい、出費を抑えて堅実に始めたいという想いもあるでしょう。しかし、本業を頑張るために堅実に事業を始める方法を考えるなら、税理士事務所に会社設立からサポートしてもらうことをおすすめします。

税理士の業務

税理士が担当する仕事はとても幅広いです。個人や法人を問わず、さまざまなシーンで活躍します。ここでは、税理士の業務内容について見てみましょう。

まずは会社設立のサポートです。設立直後に融資を受ける方法や節税のコツなど、多くの会社の税務に携わった立場からアドバイスします。たとえば、金融機関に対する事業計画書の策定や設立2年間は消費税を免税にする方法など、さまざまな知恵を知っているのです。会社設立前または直後から相談しておくと、なおよいでしょう。

参考資料<<税理士法人アディーレ会計事務所>>

突然の税務調査に対するサポートも税理士の仕事です。悪意の有無を問わず、税務署が税務調査に入ると税金を取られるリスクが増えてしまいます。しかし、税務署側も絶対に正しい税務調査をしているとは限りません。不服を申し立てるため、立会人に税理士を立てておくことをおすすめします。顧問弁護士以外でもよいので、税務調査の立ち会いを得意とする税理士へ相談するのもよさそうです。

個人が税理士へ相談するケースもあります。たとえば、相続税に関する相談や住宅ローンの融資実行直後、副業での収入に関する確定申告など、税理士事務所に依頼したい人も多いでしょう。こうした相談も対応しているので、気軽に相談してみるとよいかもしれません。

当サイトは税理士が相談を受けられる内容についてまとめました。税務に関してお悩みの人は一人で悩まず、税理士へ相談できる業務について当サイトの情報をご活用ください。